2013年09月06日

沖縄旅行メモ2

 観光宿泊以外の部分。の方が長いってどういうことなの。

■やんばる急行バス
 沖縄はレンタカー必須と言われながら借りなかった我ら。那覇空港からホテルまで公共交通機関で移動しなければならないのだけど……ホテルのFAQには「名護まで高速バス、そこからタクシー」と書いてある。そうかー高速バスかーと値段などぐぐっていたら、「やんばる急行バス」のサイトに行き当たる。あれ、路線図の停留所に滞在先ホテルの名前があるじゃん! タクシーなしで目的地直行ヒャッハー!

 ちょっと調べたら、今年開業したばかりの高速バスらしく、那覇から名護以北まで行くバスは貴重!がんばって!と言われつつ、そんなに需要があるの?と存続を危ぶまれたり……一部で話題?な模様。乗るよ乗るよ、沖縄にレンタカーなしで来る無謀な観光客が!

 で、そういうバスファンの乗車体験記など読んでいたので驚かなかったけど、バスすごかったよ……中古の観光バスを改造したものとは聞いていたけど、照明がシャンデリア。最後部には食器棚までついてて、遠い昔はそこがサロンになっていたらしい。そんなバブリーな観光バスあったのね。でも今は路線バスなので、入口には料金表のモニターや料金箱がついている。一部で「魔改造」とも言われる所以。
 これは帰りに写真撮らなきゃ!と思っていたら(行きは実は体調不良でそれどころじゃなかった)、帰りは違う車種でシャンデリアなかったしょぼん。と思ったら、走行中にぎゅりりりりとサブエンジンがうなりを上げる、それはそれで歴史の重みを感じさせるバスでございました。最初エンストこいたのかと思った……。

 料金モニターと車内アナウンスが連動しておらず、アナウンス流し忘れや止め忘れもあったりするので、観光客には今どこを走ってるのか分からず、なかなかにスリリング。でも何か笑って許せてしまう感じなのですよ。往復使うなら割引キップでさらに安くなるし、みんな乗ろうぜ存続のために。

 ……と書いてたら、これ書いてる9/6時点で公式サイトがなくなってる……リニューアル等の一時的なものなのかどうか不明。が、がんばれ。

■COOLPIX S31
COOLPIX S31 | ニコンイメージング

 4歳児用にといつの間にか旦那が買っておりまして。耐水・耐衝撃で子どもが乱暴に扱っても比較的大丈夫、が売りらしい。とはいえ今からコンデジ買う?と無駄遣い認定していた。確かに家族の中で奴だけカメラも3DSも持たせてもらえなくて不満そうなのは知っていたけどさ……コンデジならもう誰も使ってない、壊しても惜しくないようなお下がりあるじゃーん。

 と思ったら、プールで海で大活躍。海水に漬けるのは怖くてできなかったけど、プールでは水中撮りもしましたぜ。ちゃんと撮影モードにも「水中」があるし。水洗いできるから潮水でべたべたの手で触ってもおっけー。「手荒に扱える」のは一つの売りになるんだなあと認識を改めた次第。耐衝撃性は怖くて試してないけど。

 ちなみに4歳児でも電源オンオフと撮ることぐらいはできた。撮ったものを後で見ると、地面に落ちているもの or 仰角の風景で、奴の世界がかいま見える感じ。だから目の前の障害物にぶつかっていくんだな……。
posted by 築城 at 15:12| 日記・雑感